カテゴリ:本( 9 )

 

本バトン

ニコさんから微妙な御指名があった本バトン、人に薦めるほどのもんじゃないけど、恥ずかしながら紹介させてもらいます。
読んだ本晒すのって内側覗かれたようで、顔晒すよか恥ずかしいかも
どうせ恥なら一気にかこう。顔も名前も内側も!
それでは元気良く一気に参りましょう、レッツ郷ひろみ!(←考案者は最低のギャグと言っておられますが、どうしてどうしてナカナカの響き。声に出して言ってみましょう。みなさん御一緒に、ハイ!「レッツ郷ひろみ!」って一気に行けよー)


Q1.持っている本の冊数
自宅にある分は100冊前後だと思います。実家に置いてある文庫や新書も入れると結構な数かも。基本的に捨てたり売ったりしないので、置き場に困って実家の物置行きになる。後は多分嫁がコッソリ捨ててると思う(´Д⊂

Q2.今読みかけの本 or 読もうと思っている本
『 光ってみえるもの、あれは』 川上弘美 中央公論新社
そろそろ読み終えます。イイ空気、言葉遊びと雰囲気で読む感じ。こういうの結構好き

Q3.最後に買った本(既読、未読問わず)
『花まんま』 朱川 湊人 文藝春秋
作者の幼少期に育った大阪が舞台だが、小学生くらいから現在まで、我等が足立区在住作家(多分)の直木賞受賞作という事で購入

Q4.特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

『バッテリーⅠ~Ⅵ』 あさのあつこ 教育画劇 (Ⅰ~Ⅲの文庫は角川文庫)
今年の№1。各キャラが生き生き。情景描写、心理描写共に◎
児童書なので文庫からハードカバーに移行する時に(3~4)、文字、行間の大きさに戸惑うのが難点。直ぐ慣れるけど、読み終えた後、他の本読む時は逆の現象が(笑)
子供が小学校高学年になったら読ませたい。本好きになる事間違い無し。

『草の竪琴』 トルーマン・カポーティ 新潮文庫
高校在学中お勧めされ、貰ったもの。
感じやすい少年の、現実の中の夢 のような話
登場人物の「ドリー」が、読んでいて老婆なのか少女なのか分からなくなる(実際は老婆)

『しゃべれどもしゃべれども』 佐藤多佳子 新潮社
昨年入院中に読んだ中で一番良かった。
これで流す涙は、涙の種類で一番キレイかも。

『象の時間ネズミの時間』 本川 達雄 岩波新書←新書は岩波が多かったので、良く見もしないで書いたが、本棚にあったソレは中公新書だった(´Д⊂
10年ほど前(もっと前かも?)にヒットした新書。新書には怪しい物も多いが、岩波は大丈夫だと思う(笑)←つー事でコレも当てはまらない(´Д⊂まー中公新書も平気でしょう(笑
似たような事を小学6年の時にシャンプー中に思いつき、当時担任に毎日書かされていた日記に書き、花丸を貰う。(普段は「今日は~」から始まる他愛無い事を数行書くだけだったので、単に一杯書いたのでくれた。という気もする。誰でも思いつきそうな事だしなー)
先生!あの2年間も書き続けた日記返してくれよー

『ステーシー』 大槻ケンヂ 角川書店
この人が好き。
表紙がコスプレの女の子の絵なので買うときや借りるときはチト恥ずかしいものが
グロイ描写もあるが後半は薄れて読みやすい。

『恥』 太宰治 
傑作選だか全集だかで読んだ超短編
考えすぎて逆にダメっていうパターンが実際にありそうで、自分も知らずにかいてる恥があるかも、と思わず赤面する


あ、6個書いてる(゜Д゜)
[PR]

by torukua-ta | 2005-10-26 01:47 |  

バッテリー

b0006896_19231661.jpg
手術後の初読書はコレ
あさのあつこ著バッテリー

視覚に刺激が欲しくて、ぼんやりする右目を凝らして読み始めるも、まだピント合わせに苦労して、んーどうしたモンかと嘆くより速く、冒頭10何ページかで描写される、主人公の天才少年ピッチャー「巧」の病弱な弟「青波」(セイハ)のピッチャーとしての素質の片鱗を覗かせる場面でグーッっと引き込まれる。

面白い、コレ!
寂しさから孤独を好む様になったであろう巧の野球に対する想い、周りから強い人間と思われ、自身も強いと思っている巧の心の自覚していない弱さ。
巧とバッテリーを組むことになる「豪」とのやり取りで成長していく様。
少しずつ変わっていく巧。

巧の寂しさ弱さに気づく人間が少ない中での「豪」との出会いもたまりません
主人公が成長していく物語りはやっぱイイナー


このバッテリー、Ⅲまで文庫化されてて、行った書店にはⅡまでしかなかったので2冊買ったのですが、何気なく取ったその一冊がなんと作者直筆サイン本!
帰宅後に気づいてビックリ。
今年の運使い果たした気分♪
b0006896_19483873.jpg
[PR]

by torukua-ta | 2005-02-01 19:48 |  

山田五郎のSTUDIO'58

えーまた入院してました(´Д⊂

今回は網膜剥離だったんだけど何なんだ一体(´Д⊂
健康だけが取りえだったのによー

厄払いも考えましたが、厄年じゃないし。
タブンコレは何らかの試練だと、人生の試練だと。
今俺は蛹に成って、来たるべき蝶への日への耐えるべき試練なんじゃないかなーって思ったり

あーでもそうなると今までイモムシだった事になるなー
却下。この案却下。

そんなこんなで、眼科に入院してたわけですが、流石眼科。TVがねえ(´Д⊂
据付の有線で耳からの娯楽しかない訳で、ちょっぴり有線楽しみだったんですが
一日聞いてると超飽きる。
病院、西葛西だったんですがリクエストで中村雅俊の曲がやたら掛かってて
熱狂的なファンが西葛西には居るんだなと少々笑えました。

んで3日目くらいに山田五郎のSTUDIO’58って番組を見つけて、ソレをズーット聞いてました。同じ話を。
コレは山田五郎が同年代の著名人と一時間トークする番組で、入院中はSF作家の大原まりこ氏とのトーク前編でした。丁度前編だったので、つぎの週に後半も聞けて2時間楽しめました。

SF読まないので、星雲賞(SFの大きな賞)取ったのなんて大槻ケンヂしか知らなくて他の作家のSFにも興味無かったんですが山田五郎とのトークが面白かったんで読んでみようかな?って思いました
ですが退院時に西葛西の書泉いって捜しても無かった(´Д⊂
ちゃんと捜せばあるんだろうけどなー

兎に角このトーク番組面白くて(山田五郎が好きなのがデカイが)みうらじゅん(もっとスキ)とやってないのかなーって、~58のHP見て見たら初回のゲストだった(笑)
残念w聞きたかった。
[PR]

by torukua-ta | 2005-01-26 01:16 |  

肉触

ちょびっと前に話題だった綿矢りさ著蹴りたい背中 を妹に貰ったので読みました。
んで十代の著者の小説でも読んでみるかと言う事で佐藤智可女史が17歳の時書いた肉触 なる本を入荷して読みました
なんとまあ両者の違う事。後者の方は17歳とは思えないほど小難しく書いてて単品で読むよりセットの方が倍楽しめる~

自分の17歳の時なんて何してたか思い出せないよ(;´Д`)
[PR]

by torukua-ta | 2004-08-29 01:11 |  

樹の上の草魚

そんなこんなで借りた本がこれ樹の上の草魚
これ訳も分からず読み始めたら金八の上戸綾扮する鶴本直も裸足で逃げ出す両性具有の話!
しかも途中で自然に男性器が取れちゃう(;´Д`)
性同一性障害どころじゃないですよ。
と思ったら、悩み度は鶴本直のが↑!
案外スルっと行っちゃうのね、多少は悩んでたけど。もっと葛藤あってもいいかな?って感じですた。
まーテーマは別な感じだったけど
[PR]

by torukua-ta | 2004-08-13 12:20 |  

図書館

以前住んでいた町には大きな図書館がありました。
そこはあらかじめ何が読みたいという希望があれば大概のものは見つかるほどの蔵書量
中央という冠を新たに出来た施設に奪われた後もかつては区内最大だった名残は消える事無く未だに充実した楽しい場所です。

しかし入院生活で闇雲に本ばかり漁って読んでいる現在ではちょっと大きすぎるのよね~(´д`)y-~~
迷って選べない(;´Д`)
その点今住んでいる町の小規模図書館はイイ(・∀・)!!
タイトルや表紙で適当に選んで借りたりするには隈なく見ても1時間くらいで周れるくらいが迷わなくて(≧∇≦)ъ ナイス!
[PR]

by torukua-ta | 2004-08-13 12:06 |  

しゃべれどもしゃべれども

噺家の話か~と始めはちょっと気が引けたこの本、読んでみるとコレが面白い!小気味好いリズムであっと言う間に読み終わってる感じ。
話す事に悩みを持つ3人の登場人物も魅力的でその世話を焼く主人公もいつの間にか3人に助けられ成長していく様が読んでいて実に気持ちいい。
読み進むうちに引き込まれとにかく本気で応援してしまった。
気持ち良く感動できるイイ読み物でした。
[PR]

by torukua-ta | 2004-08-07 09:56 |  

タモリ倶楽部

友人にTVの感想書けばと勧められたので何気にちょくちょく見逃すけど学生時分から「俺の部活だ!」と吹聴していたタモリ倶楽部の感想でもと思いました。
丁度金曜だし。

タモリさんの好きな工業物の時のホンコンってイイな~
感想より前置きのが長ぇ(・∀・)
[PR]

by torukua-ta | 2004-08-07 00:50 |  

アマニタパンセリナ

6/14より交通事故による入院生活です。
人間暇を持て余すとろくな事を考えないもので軽い鬱状態を体験しつつ
外出許可を取って手に入れた本で持て余した暇を潰す日々
その中に一際異彩を放つ坑鬱本を発見!!
中島らも著アマニタパンセリナこれドラック本です
擬似ドラック体験と「こんなダメ人間(らも氏)でも生きていけてるじゃん!」
(彼には才能があるからな~と考えると逆効果)というW効果で坑鬱度満点!!
私これでホント救われました。
その後氏の訃報を聞きショックと共に「生きて行けてねぇジャン!」と言う想いが・・・
ご冥福を心よりお祈りします
[PR]

by torukua-ta | 2004-08-03 18:34 |