カテゴリ:未分類( 46 )

 

なんだかなぁ

原田知世さんが好きです。

と、突然の告白にはそれなりに訳があって。

何故だか久々に会った人にかなりの確率で今好きな芸能人は誰?との質問を受けるのです。
最近はその度に「ほ、ほ、ほしのあき」と。

ね、困ってしまうでしょう?
原田知世と答えたいの僕は。なのに口をついて出るのはいつも、ほしのなあきチャンな訳で。

そんなトルクの困った体質を改善するには、記録に残して何度も書いて、咄嗟に瞬時に即座に答えられるよう、体で覚えるしかないと。そう、いわゆる暗記。
ちょっとソレ違うんじゃない?との意見もありそうですが、なんだか恥ずかしいじゃない、ほしのあきと答えるのは。だからいいの暗記でも。

とこの時点で、原田知世2。ほしのあき3。
ぁ~ぁ、誰かこのスパイラルから助けて出してほしーの!(わぁ
最近は、流行の改名をしたのか、平仮名表記ではないようですが、個人的には平仮名なほしのなあきチャンが好みです。(もうダメだ

しかしこの重い悩みをとある人に相談したところ、「正直な感じがして好感がもてる」との回答を頂き、なんだ、モノは使いようだなと、ムフフと思ったのも事実。
それでもいつかは答えたい、原田知世と。

というわけで、こんばんわ本年一発目でございます。
ブログ更新しろとの署メール(署名とメールを繋げた造語。既にありそうだなぁ。まぁ連名ではないが。)が10件を超えたので昨夜久々に更新しようとスキン換えてみたりしましたが、ソノ時点で挫折。本日にあいなりました。

ほしのなあきチャンの話は、否、原田知世さんの話は前置きだったのですが、いかんせ久々なもので、本題に行く前に事切れます。ま、いっか。
[PR]

by torukua-ta | 2007-09-13 01:01  

結婚式Ⅲ

先日友人の結婚式へ。
事前に連絡を取っていた2人(ホントは3人だったのに一人寝坊という快挙)と前乗りで待ち合わせを。
当然の如くソコには例のおでみつ様も。
晴天の冬の、ジワリと染み込むような寒さをしのぐ為、兎に角どこかへ入ろうとウロウロしている最中、携帯を弄り回しているおでみつ君。
ぉ、周辺で小一時間お茶を楽しむのに最適な場所でも探しているのか、感心♪感心♪と思っていると
「ぃやぁ、ブログのUPです、毎日更新しているのでね。式が始まったら出来ないでしょう」と的外れな返答。
しかも、
「携帯からでも見れますよ」
なんて更に的外れな事まで。
寒いんだよ!なーんて怒られて可哀想なおでみつ君♪(ブログ復活3連ちゃんでおでみつ様ネタ。ぅふふ)
帰宅後にブログを見てみると、バッチリ決ったスーツの陰に、ボロボロのベルトを隠していた模様。(しっかし馬子にも衣装とは言ったもので、元来作りは古いがイイ男の彼がバシっと決めたスーツ姿は一見の価値あり。式場でも「社長みたいだー!」と連呼してしまいました。あのね、なんかホントにカッコいいのよ。ぅふふ)
翌日電話でお話する機会があり、知ってれば思いっきり突っついたのに!と詰め寄ると
「だから、携帯からでも見れますよ、って言ったのに…」
突っついてもらいたかった模様(笑)ゴメンね♪(ネタにしているけど、怪我したみたいで心配もしているのもホントです♪←この記号不適切?)


そんなこんなで2次会も終わり(ぇ?)最寄駅までタクシーを拾おうと大通りへ。
5,6人(もっといたか?)いたので、2台だなぁなんて話をしていたのに1台目に乗り込んだのは僕と恩師の2人。
この人と僕とは、住まいが二駅違いのご近所さんなので、タクシーと電車合わせて1時間半ほど久しぶりにじっくりお話を。
割かし年齢も近く(とはいえ10以上はちがうかな?)よく笑い、よくしゃべり、下ネタ大好き、バカ話大好きな先生ではありますが、お話を伺っていたり、聞いてもらたっりしていると、この人の底の深さや、頭の良さが見えてきます。
恐ろしく話を聞くのが上手いというか、何通りもの解釈を持っていて、こちらの思惑や、心を察して中へ入ってくる。
先生とはいえ、本来のご職業は作家であり、教員免許などは持って居ないと思うのだが(多分)このひとはホントに、先に生きる人なのだなぁと、腹の底から思い、少々感激したり。
お話も上手で、最寄り駅が近づいてくると、中途半端にならないように、しっかりとマトメに入る。
そして、手を差し出され握手をし
「イイ手だ。自分を潰さないようにガンバレ」と。
胸の詰まるような想いでいると、電車のドアが開く。
だが、僕は降りない。
僕はまだ、この人の話を聞いていたいのだ、この人に話しを聞いてもらいたいのだ、今スグになんか離れたくないのだ!
というわけではなく、単に僕の降りる駅はこの次なのだ。
「あれ?降りないの?」
「ハイ、次ですから」
なんて、間の抜けたやり取りをしワッハッハ~と笑って
「もっと連絡してこい」
「その前に携帯持って下さい」
なんてやり取りもし、またまたワッハッハ~となって笑顔で降車。




この人を、10代で出会えて良かった人ベストに入れるのを忘れてた♪
[PR]

by torukua-ta | 2006-12-09 23:40  

本日は友人の紹介であります。(ぱくり)

どうも、スピード&ビューティー トルクです。のっけから二つ名付きですいません。
えっと皆さんバレーーボール見ます?僕は見ません。
以前書いた通りスポーツ観戦苦手ですから。
ですが、TVで女子バレーをやっているのを食事を取りながら観るでもなく観ないでもなくいると、皆に均等に ”二つ名” が付いているではないですか。
まー今更な感はありますが。
で、スポーツ観戦は苦手でも二つ名の類は好きな俺。
で、注目したのが ジャパニーズハイタワー!(確か宝来選手。確認してないので違うかも。結構好みな顔。ゥハ)
やれ、プリンセスメグだ、スピード&ビューティーだと呼ばれる他の選手の中で、日本のデカイ塔なんて呼ばれて嬉しい筈がない!背は高くとも、女の子。マイノリティーに冷たい日本で育った彼女の心境は筆舌に尽くしがたい!
胸の大きな女性(巨乳)←カッコいらねーか?(笑)ですらソレをコンプレックスにしている事が多かったりするのに。配慮がたりねーんではないでしょうか?と思ったり思わなかったり。
でもまーバレーボールの日本代表ぐらいの選手なら、バレー浸けで育っただろうし、大きな背をコンプレックスにはしていなかったかな?という気も。ぅーん本人に聞いてみたい。
ついでに、背番号の上に表記してあるローマ字の名前。
皆がKAORU(薫姫の顔も好きよ)(まー何でもイイのです。輝いている女性は皆美しい。)(何だコレ?笑)等の名前表記な中「TAKESHITA」と表記している竹下選手。そういうの好きよ。髪方も前より今のが似合ってるし(これじゃ女子バレーマニアじゃん)まーいいや。

あ、今日はバレーの話しではありません。
友人の紹介です。
実は先日、専門学校時代の友人から、ついに自分の工房を持ったとの連絡を受けました。
しかも、同時にブログも始めたとの事。うぬぬ
片や、こんな更新もままならない訳も分からぬブログ。
片や、自分の工房を持ち、ソレをベースに色々なよもやまばなしを織り込んでいるであろうブログ。
「どーしよーもないブログだけど、相互リンクしてよ」とお願いすると
「そんなに大したモノじゃないよ」と御謙遜。
実際見に行ってみると、ホントに大したことなくてひと安心(冗談よ♪)

僕は金属で、彼はファニチャー(家具)だったのだが、過疎地の1年生から6年生まで同じ教室で授業を受ける学校よろしく、少数派は工芸という名の元に集えとの学校の意向で、流石に実習は別でしたが、同じクラスに。

何を隠そうコノ人、10代で出逢あえて良かった人ベスト2に入ります。
もう一人は、これまた同時期にバイトしていたレンタルビデオ店の経営会社の部長。
週に1度もしくは2度程しかお会いしませんでしたが、ちょいとヤクザな雇われ店長がBMに乗って現れる中、この部長は赤い軽(車も興味がねーので車種分からず。こういう時さらっと車種名が言えると男の子っぽくてカッコイイよね?)(←そーでもねーのかな、まーどっちでもいいや)に乗ってスーツ姿で現れ、店内の掃除から、陳列、その他雑用一切をバイトと共に行う働き者。
そういうのに、ぐぐぐっと惹かれてしまう俺の気持ちを知ってか知らずか、僕が休憩に入ると必ず缶コーヒーを2つ持って休憩室に現れ、色々な事を教えてくれました。
宗教戦争の話題で議論しあったり、ヤクザな雇われ店長が、突然気持ち悪いほどにやる気を出した原因である自己啓発セミナーの集団心理の危うさを説いてくれたり。
そして最後は必ず、「コレは僕の意見だから、納得できたり同意できたりしても、それだけを鵜呑みにせず、興味が湧いたのなら、それに関する色々な本などを読んだりして、その中で自分の考えを持ちなさい」と倫理の先生みたいな事を仰られる素敵紳士。
あーこの人に10代で出会えて良かった。
「部長~~~!!元気ですかー!!トルクはココにいま~す!!」



あれ…?なんだっけ?部長の話しじゃないよ~な。
あ、そうそう、今日の話しは違いましたね。ホント度々スイマセン。
えっと~ジャパニーズハイタワー…。(んっ?デジャビュ?。なんだろう、この不思議な感覚)
あー違いましたね。
友人の紹介でした。危うくもう一度バレーボールの話をする所でした。気が付いた俺エライ。

では、本日ご紹介する友人の逸話を少々。
10代で出会えて良かったと申しましたが、10代の頃といえばこんな私でも、やれ脳だ、やれ哲学って何なんだ?と知的好奇心に溢れており、そんな話しをこの方にヒョイとした所、スラスラと哲学とは何ぞやという講釈を。
それはまるでリトル山田五郎。
翌日にはケロっと忘れていた私を尻目に「この本上げるから読んでみて」と哲学指南書を。(あれ結局半分ぐらいしか読んでないの♪だってつまんないんだもん♪)
何事にも造詣の深いこの方は、哲学からクリーミーマミに至るまで網羅されてました。まーある意味変人です。アハ。
とはいえ、僕にとって初めて出来た色々な意味で「大人」な同級生だったわけです。(神様、どうか皆様が色々な意味の所に注目なさいませんように…。ナームー。って、下の記事のコメントに年齢云々書いてあったからまーイイよね?♪)
それから、目的を持ってやってきている人物が多い学校だったにも関わらず、「実は獣医になりたかったんだ」などと適当な事を言えば
「受験に必要な各科目に対して、1科目づつ特化した友人を家庭教師につけて上げるから勉強しなよ」
なーんて事もおっしゃってました。(普通そんなサイボーグ009みたいな友達いねーよね?)
兎に角すげー人だったのです(過去形)


で、そんなおでみつ様はこちら、軽井沢で木工をやるということ
現在軽井沢にて木工の工房を開き日々奮闘しております。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

今なら「トルクアータの鉄の骨を見た」と言って頂ければ先着200名に生ビール一杯無料です。(何屋だ?)
本人に出会えたら「おでみつ君♪」と言って上げて下さい。生ビールが2杯になる事でしょう。
顔は太宰治の鼻をもう少し高くした感じの、一言で言うと「作りの古いイイ男」で御座います。
ちなみに奥様も同級生で、これまた美人なんだよなー。

あー俺も、ものづくり熱が上がってきたなー。作ったモノUPしよーっと。
先ずは植木鉢職人としてカエニコ夫婦に上げた植木鉢の写真でも上げよっと。
飲みに行きがてら写真撮りに行きますんでよろしく。
ついでに皆様↑の軽井沢なんたらもよろしく(なんたらかよ、アハ。面白いの、これホント)(つーヵ閑古鳥が絶叫していたこのブログで宣伝しても効果なしのヨ・カ・ン♪)
[PR]

by torukua-ta | 2006-11-10 02:00  

えっと~…

あの~…
ココってトルクアータの鉄の骨ですか?

あ、はい、どうもご親切に。

スゥゥゥ~ハァァァ~~

「ソロモンよ私は帰ってキター!」(アニオタの片鱗を見せる事を懺悔の言葉に代えて)

お久しぶりで御座います。トルク恥かしながら帰って参りました(王道なフレーズをもってしたり顔でのたまう事を懺悔の言葉に代えて)

いやーもう11月ですね。ぅふ。
毎月更新を宣言し早3ヶ月。
続いていたものなんて案外簡単に終焉を迎えるものよね。ぅふ♪


それでは早速ですが、言い訳に行ってみましょう。ぉー

えー、色々壊れまして、ハイ。ブログ更新出来ませんでした。
8月にエアコン(関係ないじゃん)次いでモデム故障。ネット接続出来なくなる(ぉ、それらしくなってきた)ニューモデム届くもホンの1週間でPCが立ち上がらなくなる。
中を見ようとケースを持ち上げると、中でガラガラと音が。アレ?PCケースって楽器じゃないよね?と思いながら恐る恐る開けてみると、音の原因が。
なんとCPUに被っていたであろうアルミ製放熱板が落下していた。これって今更つけても意味ないよね?だが一筋の望みを掛けて後日再装着してみる(とはいえ、発見から装着まででカナリの日数が経過、ホントおっとりしてるのね俺って♪)
案の定、OS立ち上がらず。
カーステの様に上手くはいかないのね。これだからデジタルって嫌。
引越しも決っていたのでとりあえず放置決定。ニューモデムは実動一週間で返却。なんだかなぁ。
引越し後、どうせなら光だろ、と思ってはいたものの、ネット環境の無い生活が、若かりし学生時代を彷彿させ、ついつい申し込みが遅れ、更に一ヶ月放置。

てなわけで、現在100M占有独り占め~。で御座います。ゥフ
実は10月終わりに開通していたりするのですが、荒地と化したブログに訳の分からぬ横文字のトラバが蔓延っていたりしたので、ソレを削除する作業で力尽きてました。ホンの5分程で終わったのだけどね♪まーいいじゃない楽に行こうよ俺!
今後は、回線速度とブログ更新は比例するのだ!と証明して見せようかと密かに思ったり。
(以前のADSLだってベストエフォートがベストな方に寄っていたため、カナリな速度だったのだけど)

なにはともあれトルク、恥かしながら帰ってまいりましたー!
コンゴトモヨロシク。
[PR]

by torukua-ta | 2006-11-05 01:25  

ネームカード

どうも、大分御無沙汰しておりました。
気が付けば7月。月一更新のマンスリーブログと化してますが、未だ更新しなかった月がない事を先ほど発見し、ならばこのラインだけは何としても守らなければと微妙に燃え、更に月初めに更新しとけばとりあえず「0」という数字を見ずに済むとの考えで一念発起。有言実行男、トルクです。こんばんわ。目標低くてスイマセン。(あ~今回も改行少ないね、見辛くてスイマセン、気が付き次第、以後改行します)
余談ですが(余談ばっか?)マンスリーって、小学生の時に観ていた夜のヒットスタジオでマンスリー企画ってのが度々在った気がするんですが、当時、monthlyではなくman+threeでマンスリーだと思い「何故、中森明菜がマンスリー?マンスリーは男のトリオだろ!」と的外れなツッコミ入れていた事を今思い出す。あーいつmonthlyに気が付いたんだろう、知らぬ間に大人に成った気がします。はっ!そんな事が言いたかった訳ではないのです。また本筋忘れちゃうよ。イカンイカン余談終了。改行(ゥフ
えー、タイトル通り、大して更新もしないくせに、先月更新時辺りにネームカードを入れたりしてみました。
性能はあまり良くないらしいですが、アクセス解析が出来、検索ワードが分かったりします。オンボロブログには十分な性能。こんな場末のブログにも検索で来てくれる人が居たりするのが分かって楽しい以上に、検索ワードを見てみるとドレもお役に立てるような事を書いてないなと猛烈に申し訳ない気に。
だって、キーワード1位が ipot だもん。コレは お探しの情報ではないよね。申し訳ない。
で、第二位がコチラ アオウオ このギャップは何?
              ↓
b0006896_0235717.jpg

だが、お役に立てるというか、関係性のある事が書けるとしたら ipot ではなく間違いなく巨大魚アオウオ!
お魚大スキ、巨大魚大スキな私の釣り上げた最大鯉写真をアオウオ検索で来た人達に見てもらおうと思い立ち写真を探して参りました。
b0006896_0411497.jpg

嗚呼なつかC。10年近く前だと。因みにコノ野鯉(この体高の高さは正確には野鯉では無いね)80㌢近くあったと思います。一緒にいた友人が、どうしても釣り上げたいとダダをこねたので、渋々竿を渡すと松方広樹よろしく、腰を落としチャチな竿を下腹部辺りに据え、「ドリャ~」とか何とか言いながらグイグイ世界を釣り始め、悲鳴にも似た声で「お願いだから止めてくれ」と懇願したのは今は良い思い出。許すよアケ
つーかぁ、何年ぶりかで見たこの写真。髪型が余りにもナイスで、鯉以上にそっちに気が。
b0006896_123360.jpg

そう、当時バイト先で、若い頃のジャッキーチェン(成龍)に似てると言われ大喜びしていたのを思い出す。元々、ジャッキー目指した髪型な訳では無かったが、幼い頃からジャッキー大スキ、カンフー大スキ、香港映画大スキで、アスファルトにチョークで何個も足形描いて、それをなぞる事でカンフーを上達させようと努力していたような子だったから、潜在意識で追い求めていたのかもしれません。(中国ではホントに死人をキョンシーにして運ぶモノだと、野良キョンシーはカンフーの達人だと、本気で思っていたほどアチラ映画が好きだった。なんだかなぁ)
ハッ!ここでまた新たな発見。
ジャッキー好きが昂じて、死亡遊戯のポスターを貼るほどにブルース・リーを崇高していた思春期。となると、以前晒した「南海キャンディーズ山ちゃん似写真」の髪型、ありゃ、間違いない、リーだ。ブルース・リーを意識してたんだ俺!今紐解かれる俺の潜在意識!
b0006896_1251118.jpg

なんか違うなぁ(;´Д`)

因みに、今月入ってスグのアクセス解析によりますと、「不運 大殺界」で来た人が4人も。
どうなってんだ!?(;´Д`)
[PR]

by torukua-ta | 2006-07-05 01:31  

カリメロVSサンバイザー

当初はペットや読書を主としたブログにしようと思っていたはずがいつの間にやら自転車ブログ。そんなトルクアータの鉄の骨ですが、今回もやっぱりがっかり自転車話。人生50年(ぇ?)思ったようには進まないもののようです。まー毎日40㌔も走っているとその話題しかないのも仕方ないじゃん!と自分を励ました所で本日の自転車話へ早速行ってみよう。(前置き長い?早速でもない?そーでもないよね?)

何日か前、いつものようにチャリ通勤の最中、一人の少年に目を付けられる。
少年は年の頃小学2、3年生。児童用MTBにまたがる少年は車道を走る(とは言え、片道20㌔の長丁場、大したスピードは出しません)私を見つけ物凄い勢いで後ろから猛追。児童用な為車輪も小さく、ギア比もそれほど無いのだろう、ペダルを漕ぐ脚はマンガならば間違いなく○で表現されるほどの回転をみせる。安物とはいえ下手にクロスバイクなるモノに乗っている為に少年MTBライダーに目を付けられたのだろう。まいったなぁ~
だけど 売られた喧嘩は買うのが礼儀 だって男の子だもん 涙も汗も 若いファイトで~♪(んんっ?)
そんな訳で少年との一騎打ち!とはいえ、こちとら30前男子。必死の形相や猛烈な漕ぎ脚を見せる訳にはいきません。大人ですから。ハイ。
いや、今回は少年の心を折るのが目的。歩道を爆走する事が危険だと少年に体で教えなくてはいけません。大の大人が必死で勝った所で少年の心を折るにはイマイチだろうというのが本心。さらっとあしらってこそ折れる心があるってモンだ。
ギア比を最大にしてスピードを上げるもまだ付いてきている模様。困ったチャンだなぁ。
少しスピードを落とし少年を車道にこさせない様ほぼ真横に位置取りする。何故か?それはこの先に保育園があり、歩道は親子で溢れんばかりの賑わいを見せているのでソコへ引っ掛ける作戦を取る為。

大成功!!少年は歩道から出られず追跡を断念!
少年、人生も自転車も目の前の事柄だけを見つめず大局を見据えなければいけないよ。
トルク。一人の少年を救いました。

つーわけで少年との勝負に勝ったワケですがタイトルにある「カリメロ」にも勝負を掛けられた事アリ。
カリメロ?それは奇跡的に縦に割れた卵の殻の様な流線的なヘルメットを被り、スピードスケート選手の様な全身タイツに身を包んだ本気自転車乗りの事。縦割りカリメロと言った方が適切ね。
先の少年と同じようにコノ縦割りカリメロにも目を付けられる事しばしば。
本気な格好な分、普通の格好にサンバイザー装備なクロスバイクには負けれないという思いからか、後ろから来たカリメロは信号待ちでワザワザ交差点にはみ出してまで、前に出たがり、青信号に成る少し前に猛ダッシュを掛ける。だがね、カリメロ君、この先の信号まではここから猛烈な勢いで進んだとしても必ず捕まるんだよ。1年以上にも及ぶチャリ通で鍛えた地の利。
カリメロに対する場合、装備のショボイコチラのほうが立場的に有利な為、スピードで勝つ必要は無い。寧ろ遅いスタートで赤信号で捕まっているカリメロにゆっくりと追いつくのが効果的。
案の定信号で捕まり後ろを確認するカリメロ。いいね~後ろ見る辺りが溜まらないね~。そんなこんなで必死のカリメロが国道から外れるまで、ゆったり顔(実はカリメロに気付かれない程度には必死(笑)でカリメロの視界に入る事に成功。
この勝負も頂きました。

いや~今回はオレの底意地の悪さが出たなぁ~
[PR]

by torukua-ta | 2006-06-05 02:21  

手術

もう、だいぶ前の話しになってしまいます(いつもそーじゃん(言われる前にいってやれー)
2月か3月か、雨の日に子と2人、車で図書館へ向かう最中の出来事。
晴れであったなら、彼女は必ず補助輪の取れた自分の自転車で行こうと言うので、雨であった事は薄い記憶の中の割りと濃い部分。
2人仲良く2台の自転車で向かうにはまだ危険が一杯なお年頃。だが、車の来ない私道や公園では、補助輪が取れ機動力を増した彼女には物足りないらしく、近場へお出かけの際は希望というより切望と言ったほうが適切な程自走したがる。出来うる限りの希望は叶えて上げたいと思うのが親。そんな訳で普段は自転車の彼女の前を自らの脚を使って併走。毎日40㌔の自転車走行で鍛えた私も鍛え上がったのは自転車力(久々、おぼえてます?)のみなのと、彼女の自転車力が思ったより強く速く、ヒーヒー言いながら危険回避を行う次第。あ、今日は自転車の話しじゃねーや。
そう、そんな訳で普段なら上記の通りの移動なのですが、この日は雨の為車での移動。運転を始め数分、お気に入りのCDに替えたいとの事なのでOKを出す。三半規管が強いこの子は返却する絵本を車中で読みながらCDを取り替えようとする。チャイルドシートに乗りながら絵本片手にCDを替える姿を横目でチラ見。なんともムフフな光景。だが、ながら替えがイケナカッタ。
CDを替えた筈なのに元の曲が流れたまま。こちらも運転の身。ながら同士でワケが分からず「替えたの?」と聞くと「替えた」と答える。ん?なんだ?「入れたの?」「うん」「出てきた?」「わかんない」
出してねーなコイツ!
車を止めカーステのCD飲み込み口を覗くと、そんな上じゃねーだろ、というところにCDぐゎ。
何度も自分で替えた事があるのに、元のCDが出てくる前に強引に突っ込んだ模様
「もー何やってんの!出てきて無いのに入れたでしょ!」
と割かし強い口調でいうと、思った以上にしおれた彼女はゴメンなさいを繰り返す。
むぅーそんなに責める気は無かったの、悪気があった訳でも無いのにゴメンヨお子、という気に。
「あー大丈夫大丈夫、引っ張り出せば大丈夫。帰ったら直すから」と何だかコッチが気を使う始末。
所が!
帰宅後にピンセットや何やらで色々試みるも微動だにしない頑固な彼女のお気に入り。車中で頭を下げながらの作業もキツイので取り外して屋内での外科手術に切り替える事に決定。
すったもんだした挙句、なんとか摘出に成功。
「ほら、もう直ったよ大丈夫」とそそくさと取り付けに行くが電源は入るものの、肝心のCDが、出てはきたが、再び入れようとしても飲み込まない。うぬぬ、なんだなんだ?笑顔の戻った彼女の顔に再び陰が。コレはイカンともう一度取り外し起こった出来事を整理する
無理やり2枚のCDを入れたのが原因。電源は入る。基盤やなにかがイカレテしまったらお手上げだが、その可能性は低い。稼動部のバネが外れたか何かだろう。ダメ元で分解するしかねーと簡単な手術が急遽大手術に変更。イケルのか俺?
b0006896_0373666.jpg

バッラバラ(カメの餌は御愛嬌。何で写ってんだ?)
すると中からポロっと白と黒の物体が落ちる
b0006896_0451658.jpg

ヒー何処のパーツだよーと泣きそうに。しかし、CD飲み込みの稼動部は両端にあるのだからコノ明らかに割れている白の相方を探せば何処の誰だか分かるってもんだ。
そして
b0006896_0475449.jpg

発見!!!しかし良く出来たモンで、フレームの無いこの機械は基盤やら何やらが交互に重なりあい強度を出しているためにコノ場所にたどり着くまでに2,3枚プリント基板を剥がなきゃならない。修理する方の身になって作ってないね実際。まーそりゃそーだ。
うーむ、この欠片を元通りにするのはどうしたものか、プラなら溶剤を使った接着で時間は掛かるがある程度の強度は出せる。んじゃ早速やってみようとやってみるが、一番強度が必要な箇所だからだろう、溶剤で溶けるような代物ではなかった。チッ!5歳の年端もいかないピンクとフリルと絵本と着せ替えが大好きなか弱い少女の一撃でイカレちまうようなモンのクセに中途半端な素材使いやがって!
とりあえず2液性のエポキシ系接着剤を使ってみる
b0006896_10414.jpg

悪くない。だが、組み込み取り付け起動させてみると(イチイチ車中に行って接続しなきゃ確認出来ないのは非常にめんどくさかった)飲み込んだ!ヮーィ!だが、2枚であえなくOUT(;´Д`)
こりゃダメだ。
パーツで買えるかなぁ、などと考えもしたが、取り説をみてもそんな事書いてないし(当たり前)
もーーーーー!
ポクポクポクポクポク…チーン。
「無いのなら作ってしまえホトトギス!」
b0006896_16710.jpg

丈夫で~錆びない、ステンレス製物干し竿~♪2本で千円♪(20年前のお値段です)
1,2㍉の板に6㎜Φと5㍉Φの丸棒を各4㍉3㍉交互にだす。
あんな中途半端な素材で出来たものだから精度も0.1㍉まで出せば問題無いと判断。
グリス塗り塗りだった事もあり絶縁の為の素材ではなく単純にコストの為だろうという事で金属で問題無いとコチラも判断
早速取り付け♪
ぬぉー飲み込んだ!
b0006896_1183261.jpg

掛かったー
b0006896_1193732.jpg

響き渡るレミオロメン!(そういや実家の近くのセブンイレブンの店員の女の子がレミオロメンの藤巻君に似ていていつもソコへ並んでしまいます。密かにレミオロメンと呼んでいたりする。うれしかねーだろね。スマン、セブンのおねーちゃん。)
うーむ実に快適に飲み込み吐き出す。しかも分解した際にレンズをアルコールでサ~ッと拭いておいたので、気持ち的に何だかスっきり。
修理完了という事で取りまわしを整理し車中のパネルをやっと嵌める。パーツ製作を仕事の合間にやったりしてたので正味3日程カーステ付近はコードやら何やら剥き出しのままでした。まー俺普段車使わないし、ヘッチャラピーピーだったけどね~
早速お子を連れてきて「直ったよ直ったよ♪、壊れたままじゃ可愛そうだもんね」というと
「ウサギとか動物じゃないから可愛そうではないよ」と、まだモノに愛着持つ年では無いのか、破壊した当日の落ち込みは何処へやら、サッパリしてるのね。
可愛そうではなくてもモノは大事にしなきゃイケンよ!時代はエコだぞ!とお説教いたしました。
b0006896_1294636.jpg

前回の君の「またね」に再び答えられてホントに良かった
[PR]

by torukua-ta | 2006-05-09 01:32  

100回目の

大分御無沙汰しておりました。
実を言いますと本日今回の記事で、通算100回目の投稿です。我ながらですが継続は力なりでございます。
そんな訳で節目の記事はそれなりにビシッとしたモノのしようと思いあぐねて早…えっと、どれだけ経ったのかな?(このスローペースは継続と言えるのだろうか?)(ぉー、俺ってば記念日にも自分に厳しい!)そんな訳で本末転倒ではございますが、更新を怠ってしまったのです。


…えっと。ウソです。
何がウソかって100回目と言うのはホントなのですが、実は気が付いたのはついさっきです。
(ぉー、記念日にナポレオンズ並みの潔さ!)
久々にレポート見てみると燦然と輝く記事数99の文字。
何か書いて100にしたいと思うのが人の子!
特別何も考えて無かったので、箇条書きにて好きなもの嫌いなものでも紹介したいと思います。



好きな類: 魚類  
他の類も好きですが、特に魚類。物心ついた頃からNo1類は魚類。水中なら上下左右好きな所を泳ぎまわる姿は、いつ見ても、どれだけ見ても飽きません。日々水槽を眺めてうっとりしている次第です(暗っ!)

好きな言語: 日本語 
当然。何処へ行こうと誰がいようと、日本語意外は使いません。郷に入っても郷に従えない。

好きなマジシャン: 本日2度目の登場、ナポレオンズ もしくはデビットカッパーフィールド
ま、後者は響きだけです。手品マニアではありません。

好きなイリュージョン:ツムライリュージョン
ホワイトタイガーでおなじみ。アレグリア、サルティンバンコを抑えて堂々1位。イリュージョンといえば何は無くともツムラ。三度の飯よりツムライリュージョン(しつけー)ちなみにどっれも見た事ありません。無論上記したカッパーフィールドも。


そろそろネタ切れなんで(はえー)嫌いなものへ

嫌いな食べ物: らっきょ(突然普通の答え)
唯一食べれない。

嫌いなジャズシンガー: 綾戸智絵
嫌いというか何か苦手。今、名前調べてみたら、誕生日が一緒でドキリ!危うく好きな方に回しそうな所をぐっと堪えて心を鬼に。大して知りもしないのに嫌い呼ばわりして申し訳無い気がしてきた。

嫌いなスポーツ観戦: スポーツ観戦が苦手。野球、サッカーは無論、オリンピックやその他国際試合など殆どのモノが苦手。
野球やサッカーは、単純に長過ぎて耐えれない上、楽しみな番組(最近は特別無いけど)が潰れたりする事が理由。
オリンピックやその他色々な国際試合等は、選手に感情移入し過ぎてプレッシャーに耐えれない。「嗚呼、この人達は、他の全てを投げ打ってこの競技に全てを捧げ、今ココに立っているんだろうな」等と考えると、負けたらどうしよう、非難されたらどうしよう、結果を残せなかった場合オリピック後の生活はどうしよう。と辺境で一人、独りでに日の丸を背負う癖があるため勝手に縮こまってしまいます。世界レベルの選手などがそんな小心な訳は無いとしても、どうにも止められない思考。
そんなリスクを背負ってまで、彼等彼女等と勝利の美酒に酔う事が出来ないため、ならばと観戦する事を興味の対象としないと決めた15の夜(ウソ。15くらいの時は見てたなぁ)。とはいえ僕も、I LOVE JAPANな日本人、意識して無視せど気にならない訳では無い。トリノで不調不調と叩かれていた選手団に密かにエールは送っていました。大体メダルに届こうが届くまいが、足立区で何位ってだけで大興奮な奴には世界で何位ってだけで相当に相当に凄い。(メダルに固執するのも、競技のレベルの向上や大会の盛り上がりの為には必要な事なんだろうと思うけど)ならばこの想いを素直な形で表現すればイイ!
日本選手団に、届け俺の想い!(遅すぎ)
b0006896_0272677.jpg

んっ?これは何かって?
これは




b0006896_029449.jpg





選手団全員にハムの金メダル授与。
これはハムの金メダルじゃなく、ハムで作ったハムメダルじゃん!というツッコミは受け付けません。
あぁ、トリノのメダルはドーナツ型だったのだから、真ん中食べてから写せばよかったなぁ。後悔ばかりの15の夜(またかよ)



ようこそトルクアータの鉄の骨へ、此処は優雅な大人のダジャレブログ(100回目なのに、なんだこれ(笑
[PR]

by torukua-ta | 2006-04-18 00:50  

病は気から

先週、人生初となるインフルエンザに。
単純な性格なので、普段は体調が芳しくないと思っても、強いて気にせず、そのまま過す事が何よりの治療になってました。仕事してるとそのうち治る。
逆に体調不良日が休日などに重なると、ダラダラし、いつまでも頭痛がしたり、体のダルさが抜けなかったり。
そんな訳で、今回も週始めからの体のサインに気付かぬ振りをしつつ、俺は男だ!とチャリ通決め込んだりしてました。今まではそんなんで大体治ってたんですが、今回はどうにもこうにも、水曜には寒さに心が折れ、
「雨も降って無いくせに、根性ねぇ~なぁ俺」
と、思いながら電車で帰宅。
帰宅後は、ホットカーペーットが熱い!耳が詰まる!飯の味が薄い!等等。数々の不平不満を口にして食事を終え、立ち上がろうとした所。
「んっ?!」立てない
「何で?!」 (*゜ロ゜)
ここで始めて熱を計る。
39,1度
「へっ?!」(゜ロ゜;)エェッ!?Σ(´Д`lll)エエー
ヘナヘナと倒れこむ(立ててないんだから倒れるはオカシイ。気分です。そんな気分だったのです)
そりゃ、39度もあればホットカーペットも熱いさ、味覚もやられるよ、もう歩けない~!と単純明快な僕は体温計に表示されるデジタルな数字に一気に病人に。
そしてそのまま直ぐ寝る。明日には良くなるだろうと踏んで。
が、が、ウトウトするものの、全身の痛みに目は直ぐに覚め、天井はグルグル廻るし頭も痛い。暑い、寒い、痛い。もーなんだよコレはー。悶える布団の中で浮かんだ言葉は 「受肉」 解脱しそうな勢い。

気持ちが負けたので、翌朝も熱は引かず、早朝計ったら38,5度。もう無理、と、何年かぶりに内科を受診する事を決意。
奥様に「車で連れていってくれ」と頼んだのですが断られる。
ぇ?ウソ?ヒデ~!。余りのショックで断られた理由は忘れたが(ホントに忘れちゃったのょ)確か、洗濯するから、とかそんなでした。鬼嫁日記ってココですか?

しかし自分で運転して行く事で新たな発見もあり。
38~9度の間をウロウロしてる時に運転してはイケマセン!
先ず、体が強張り、ドアに寄りかかるような形でしか乗れないので、車幅がイマイチ掴めない、左サイドミラーが見えない。駐車するとき首が後ろを向かない。雨降ってないのにワイパーが動く。こんなマンガみたいな事がホントに起きる。著しく熱がある時は運転してはいけない、と道交法に加えるベキ。危険すぎます。まー普通乗らないやな(笑)(←泣のが正解?)
そんなこんなで、病院の車庫入れでグズグズしてたら、後から来た人のが先に出ていっちゃっいました。イヤ~恥ずかしい。走っていって体温計見せたかった。無念。

診察は、体温が異常ということでまずインフルエンザの検査から。思った通りのA型陽性。
加湿器フル回転で生活していたのに掛かる時は掛かるんだなぁ。
「今は特効薬がありますから。病院へ来て良かったですね」
と言われ、ヘロヘロながらも ”特効薬” という素敵な響きに心の中でキャーとなる。
中々聞けないもんね、特効薬って言葉。気持ちで病気に立ち向かうタイプの人間にはそれはもう何よりの言葉。コレでもう治ったようなもん。
それから、記念にどうぞ、と使用済み検査薬頂きました。ありがとう先生。もう捨てました。
注射をしてもらい、処方箋もって薬局へヨタヨタとGO!
鳥インフルエンザが進化して人から人へ感染するようになった場合に、地球を、人類を救うかも知れないと言われている”タミフル”を処方される。
その備蓄量が心配されているタミフルを頂けるなんてと、申し訳なさ6割、ァァ助かった4割。

その夜は、寝室に隔離され、子供と嫁は隣の部屋で寝る事に。
これも助かった、前日の「受肉」の最中は「喉が渇いた」「トイレに一緒に行って」「布団に入ってもイイ?」と子供に言われヘロヘロのグダグダで夜中に起き上がっていたので隔離されることで今夜は起きなくて済みそうとホッとする。
薬の効果も手伝ってか、寝て寝て寝まくる。人ってこんなに寝れるんだ?と思うほど良く寝ました。翌日には平熱の35,8度に。タミフル万歳!健康万歳!

しかし、恐るべしインフル!並みじゃねーぜコイツは!
[PR]

by torukua-ta | 2006-02-03 00:34  

んんっ?!何ダンス?

ふと、ブログ内にあるカレンダーを見て、更新した日に印が付いてる事に気付き、年始から週に2回更新とさい先よいスタートを切っていたんだなぁとため息混じりに想う。
既に3週目が終わるというのに結局それっきり。今年は、これまた密かに、最低週一更新、イケル時は2回3回と、兎に角少しでも多く記事を書こうと思っていたのです。ハァ、挫折してから発表する目標が多いなぁ、しかも、2週目にして脆くも崩れ去ってるしよー(´Д⊂。まったくもってなんだかなぁなトルクアータの鉄の骨ですが、既に「楽に行こうよ!」とポジティブシンキングに移行中!


それでは、気を取り直して、ウチのエースで4番、多目的写真館の貼り紙の登場です!  



b0006896_051157.jpg

こうなると、もはや貼り紙の機能すら果たしてない。



全く意味がわからない。
”面白半分”で切るのか?”面白半分出来ない”で切るのか?どっちにしても意味不明。
英語やフランス語教えてもらう前に、この貼り紙が読める位の日本語力を付けてもらわなきゃいけないと自分を責めたくなる程。
しかし、今までの貼り替え形式より、この新たに登場した立て札型形式には大賛成。新しいの書くと直ぐ、以前の作品捨てちゃうからな~勿体無い勿体無い。
敷地一杯にお花畑の花達の如く、立て札が立つ日を夢見ています。




己の理解力に自信を無くし、英語とフランス語以外は教えてくれないのかな~?と見て廻ると
b0006896_1144243.jpg

なんと!以前からあるアメリカ中西部訛りに加えてスコットランドグラスゴー訛り教室が新たに新設されてるではないですか!

こうはしてられない、早く日本語覚えて次にステップアップしなきゃ!


先生は今日も、物凄い速さで走り続けてるんだ…
[PR]

by torukua-ta | 2006-01-20 01:24